メカニカルベーゴマ メカベーの楽しみ方

大人が本気になる3つの楽しみ方

メカベーの楽しみ方は無限ですが、おすすめとして、【バトル対戦】【タイムトライアル】【フィギュアとして】があります。

【バトル対戦】

<1対1バトル>
対戦者が1対1で「バトルリング」や「オクトゴノ」上でバトル系メカベーを回し、ぶつけ合ってどちらが長く回り続けたかで勝敗を競います。 

一人で対戦する個人戦と、数人でチームを作ってチームどうしで対戦する団体戦(チームバトル)とがあります。
対戦方法: 第1ラウンドから第3ラウンドまでの3ラウンドで1ゲームとして、奇数ゲーム対戦し、勝利したゲームの多い方を勝ちとします。 第1ラウンドと第2ラウンドは、先行後追い式(一人が先に回し(先行)、他方が直後に回す(後追い))、第3ラウンドは同時に回す同時方式で行います。


<バトルロイヤル>
3人以上の対戦者が「バトルリング」上でメカベーを回し、ぶつけ合って誰が最後まで回り続けたかで勝敗を競います。 かけ声とともに3人以上が同時に回し始める「同時スタート方式」と、順番を決めて順番に回していく「順次スタート方式」があります。     
対戦方法: 参加する対戦者数以上の回数バトルロイヤルを行い勝利数の最も多い人を優勝とします。

【タイムトライアル】 
<回転持続時間で勝負>
「バトルリング」や「オクトゴノ」上で対戦者が自分のメカベーを回し、どちらが長く回ったか回転持続時間で競います。対戦方法は以下の二つ。
1. ひとりずつバトルリング上でメカベーを回し、回転持続時間を個別に計測して誰が一番長く回ったかで競います。
2. 対戦者全員が同時にそれぞれのバトルリング上でメカベーを回して誰が一番長く回ったかで競います。
<指定した時間に近づけて回す>
指定した回転持続時間にいかに近く回すか、時間差で勝敗を競います。
  例えば、回転持続時間を3分と指定し、対戦者AさんとBさんが対戦し、Aさんが回したときは2分52秒、Bさんが回したときは2分45秒だとすると、3分との差はAさんは8秒、Bさんは15秒となり、Aさんの勝ちとなります。

【フィギュア系として】
時間を止めるような回転の滑らかさ、はじけるダイナミックさ、これはまさにアート。一人で観賞するのも、回して人に見せるのも、SNS投稿するのも、楽しみ方は回す人次第です。

関連記事

  1. 川の字巻き
  2. フォーム3
PAGE TOP